Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

ブログ

阿部学のHelixトーク 第2回

『スナップショット』 このたびFacebook上でHelixユーザー・グループをスタートしました。ご参加条件は特になく、ユーザーではなくてもHelixに関心のある方であればどなたでも大歓…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第1回

『v2.10アップデートで強化されたBypassアサインについて』 Helixが発売されてから1年ちょっと。 幾度かのバージョンアップがされ、早くもバージョン2.10になりました。 …
» 詳しく読む

シャムキャッツ Helix導入レポート
~ライブ・ステージ編~

“普通のペダルと違って、Helixは心強い アシスタントがひとり増えたみたい” 去る6月19日に、シャムキャッツ主宰のライブツアー”EASY TOUR”の最終公演が恵比寿リキッドルームで開催さ…
» 詳しく読む

シャムキャッツ Helix導入レポート
~レコーディング編~

2016年5月、シャムキャッツがスタジオで新作をレコーディングに入り、ギターの菅原慎一さんは、新曲「マイガール」、「真冬のサーフライダー」でHelixを使用。その活用方法についてコメントをいただきまし…
» 詳しく読む

FRFRとは、そしてそのススメ

今、世界はなんでもスピード化の時代ですが、人々は更にスピードアップする方法を常に考えているように思えます。タッチするだけで支払いができる電子マネーのシステムからドライ・シャンプーまで、世界全体が躍起に…
» 詳しく読む

ケーブルに“メソッド”が必要な理由

2016.05.24
ギターの技術的な側面にはあまり関心がなくとも、セットアップにほんの少し”現代風”の技術を追加するだけで得られるサウンド面のメリットが存在するのは事実です。それにより新しい可能性への扉が開かれます。自分…
» 詳しく読む

IRって一体何?

2016.03.01
音楽業界は、新しいもの既存のものを問わず、次々に技術を表す新しい専門用語や頭字語を創り出すのが大好きですが、それらのフレーズ全てに常に精通するのは容易い事ではないと思う人も多いでしょう。ギタリスト達が…
» 詳しく読む

リアンプとは、そしてそのススメ

2016.01.25
プロスタジオで働いているのか、あくまで趣味で音楽を作っているのかにかかわらず、ギターのレコーディングをした事がある方なら、最終ミックスを聞いたときに些細な部分を調整したいと思った経験があるのではないで…
» 詳しく読む

手による調整はもう不要です

2016.01.15
近代的な世の中には、プロダクト・デザイナーが手掛けた製品で溢れており、生活する上で欠かせない存在です。何気なく座っている椅子や、日々開け閉めしているドア、毎日のように生活の中で何かしら押しているボタン…
» 詳しく読む

Wet Dry Wet

2016.01.15
ギターのエフェクトをどのようにセットアップするかで、システム全体のサウンドが左右されることは言うまでもありません。ディレイをアンプの前にすると、アンプの後にするのに比べサチュレーションが強くかかり、よ…
» 詳しく読む

パンダにバケツを

2016.01.13
学生であれば、新たな専門分野を学ぶ際には、いくつか従うべき基本的なルールがあることに気が付きます。それらは、各分野で長年反復されてきたベストプラクティス(最善の手法)が、単に磨かれたものであることがほ…
» 詳しく読む

“Throbber(スロバー)”

2016.01.11
昔ながらのエフェクトペダルのデザインは、作りがとてもシンプルで他と共通するコンポーネント数も少ないものも中にはありますが、多くは興味深い回路を採用しています。これらペダルのいくつかは、特長あるサウンド…
» 詳しく読む

Transtronic - トランジスタ/ダイオードの特性の再現を可能にする技術

2016.01.08
ギタリストというのは「歪み」が大好きな生き物です。デジタルギター製品が世の中に登場する以前は、歪みを得るための機材には必ずダイオード及び/またはトランジスタが用いられていました。回路基板を見るとこれら…
» 詳しく読む

Helixのハイブリッド・キャビネット

2015.09.15
どんなデジタル機器においても、実行するのにとてつもない処理能力が必要だったり、とても効率的とは呼べない機能がいくつかあるものです。毎日使うもの、例えばパソコンやスマートフォンでEメールを書くことは、素…
» 詳しく読む

Variax サウンド再現の技術と魔法

2015.09.14
Variax®の技術は誤解されがちです。他の楽器のサウンドをとても忠実に再現している理由の一つは、VariaxがMIDIギターではないという事実にあります。MIDIギターは、特別な16進数のピックアッ…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#6: スピッツ「ロビンソン」風セッティング

2014.11.04
このコラムでは数回に渡ってAMPLIFiのオリジナル・サウンドセッティングを紹介してきました。今回は大ヒットしたスピッツのシングル曲「ロビンソン」風のセッティングにトライしてみましょう。 スピッ…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#5: WANDS「時の扉」風セッティング

2014.10.17
このコラムではAMPLIFiのオリジナル・サウンドセッティングを紹介しています。今回はちょっと懐かしいグループ、WANDSのシングル曲「時の扉」風のセッティングにトライしてみましょう。 このWA…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#4: ONE OK ROCK「The Beginning」風セッティング

2014.09.18
このコラムでは、毎回AMPLIFiのオリジナルトーンを作成する方法をご紹介しています。今回は映画ともタイアップしていたONE OK ROCKのシングル曲「The Beginning」風のセッティングに…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#3: SIAM SHADE「Dreams」風セッティング

2014.09.08
このコラムではAMPLIFiのオリジナルトーン作成方法をご紹介していますが、今回はSIAM SHADEのシングル曲「Dreams」風のセッティングにトライしてみましょう。 SIAM SHADEの…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#2: JUDY AND MARY「Over Drive」風セッティング

2014.08.21
by 阿部 学 AMPLIFiのオリジナルトーン作成方法をご紹介するコラムの第2回は、JUDY AND MARYの名曲「Over Drive 」風のセッティングにトライしてみましょう。 J…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#1: 春畑道哉「JAGUAR '08」風セッティング

2014.08.07
by 阿部 学 こんにちは。このコラムでは“ギターアンプを再発明”のコピーで知られるAMPLIFiシリーズで、オリジナルのトーンを作成方法を紹介していきます。AMPLIFiシリーズにはクラウド上…
» 詳しく読む

Line 6 AMPLIFiの細部をチェック

by Rowbi 生意気ながら愛すべき2歳の娘の父親である私にとって、自分が次のジョー・サトリアーニやアンガス・ヤングになれる深夜の時間を見つけることは難しくなってしまいました。彼女は…
» 詳しく読む

NAMM 2014 – Line 6 AMPLIFi: 革新、それとも?

by Six-String Samurai このAMPLIFiをAxe-FXと比較しているのであれば、それは間違い。それだけは確かです。 AMPLIFiはAxe-FXほどではないとか、トー…
» 詳しく読む

ギタリストの夢が実現! Part 3 – Line 6 DreamStig (Dream Stage + Dream Rig)

「ギタリストの夢が実現!」ブログ・シリーズの最終回となる第3回へようこそ! by Rowbi Line 6 M20dスマート・ミキサー、L3t/mアドバンストPAスピーカーを取り上…
» 詳しく読む

ギタリストの夢が実現! Part 2 – Line 6 StageSource L3t/L3mレビュー

by Rowbi http://www.flickr.com/photos/line6japan/12514140964/ このブログシリーズの 最初のポスト を読んだ際に外れてしまったア…
» 詳しく読む

ギタリストの夢が実現! Part 1 – Line 6 StageScape M20dレビュー

by Rowbi 私はギタリストなので、これまでミキサーやPA機器にはそれほど注意を払ってきませんでしたが、Line 6 Dream Stageの発表には目を引かれました。当初、私のニー…
» 詳しく読む

デジタルワイヤレス・オーディオ・トラブルシューティング

ワイヤレスのオーディオ・パフォーマンスに関する最大の要因は環境であり、特定の環境下では満足の行くパフォーマンスが得られない可能性があります。これは様々な環境で実現できる、満足の行くパフォーマンスと比較…
» 詳しく読む

デジタルワイヤレス: RF1/RF2モードの切り替え

以下のチャートはRF1、RF2モードにおける各チャンネルのキャリア周波数を示しています。RF2モードではチャンネル毎に2つのキャリア周波数が使われています。RF1モードの場合は、チャンネル毎に4つ (…
» 詳しく読む

James Tyler Variax & POD HD – アコースティック・サウンドに関するTIPS

2013.10.29
by Sean Halley   Line 6のために作ってきたビデオ・コンテンツに対して、最も質問が多かったトピックをひとつ挙げるなら、それは「どうやればJames Tyler…
» 詳しく読む

iOS対応ハードウェア&ソフトウェア製品のiOS 7互換性情報

2013.10.01
Line 6のiOS対応ハードウェアおよびソフトウェア製品の、iOS 7との互換性情報です。 Line 6は以下のソフトウェアのiOS 7互換性をテストの上で確認しました: ・Mobile…
» 詳しく読む
icon-arrow-up