Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

ブログ

鈴木健治の「ギターレコーディング・マスタークラス」 第1回

現代の”宅録”で出来ること ご挨拶 こんにちは。ギタリストの鈴木健治です。 今回から始まるこの連載ではギターレコーディングのノウハウを中心に、ハードとソフトを連携させた内容で様々なレ…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第15回

『デュアル・アンプを利用したサウンドメイク』 今回は2つのアンプ・モデルをミックスするデュアル・アンプについて語ってみようと思います。 このデュアル・アンプというサウンドメイキング。 P…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第14回

『同系統エフェクトを複数使用する その2』 今回のHelixトークは前回の続きで、再び同系統エフェクトの複数使いについて語ってみようと思います。 前回はディレイを複数使うという方法をご…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第13回

『同系統エフェクトを複数使用する その1』 今回のHelixトークは、次回と2回にわたって、エフェクトのユニークな使用方法の1つ『同系統エフェクトの複数がけ』について語ってみようと思います。 …
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第12回

『内蔵キャビネットモデリングとサードパーティー製IR』 今回はHelixに最初から内蔵されているキャビネットモデリング(ハイブリッド・キャビネット)とサードパーティー製のインパルス・レスポンス(…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第11回

『スクリブルストリップの利便性』 今回のHelixトークは、Helix Floor&Helix Controlに備えられ、その大きな特長の一つである『スクリブルストリップ』について語ってみようと…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第10回

『HelixとVariaxの連携』 今回はHelixと、Line 6のモデリングギター Variaxシリーズの連携について触れたいと思います。 Variaxに関してはご存知の方も多いと思います…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第9回

『音切れのない音色チェンジ』 今回のHelixトークは、音切れのない音色チェンジを取り上げたいと思います。 といってもパッチチェンジをする訳ではありません。 元々Helixのようなデジタル・…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第8回

『Helixファームウェア 2.20』 今回のHelixトークでは、先日公開になったばかりのファームウェア Ver. 2.20についてお話しをしたいと思います。 その前に! Helixを…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第7回

『Helix内蔵エフェクトのクオリティー』 今回のHelixトークは内蔵エフェクトの品質について語っていきます。 Helixは、ゼロから開発された最新モデリング技術『HXモデリング・エンジ…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第6回

『Wet / Dry サウンド作りにチャレンジ』 今回はHelixによるWet / Dry サウンドの作り方を解説したいと思います。 Line 6が提供するこちらの動画で凄腕デモンストレーター…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第5回

『パワーアンプ接続時の設定や、ライブ時の便利な接続方法』 昨年12月から始めたFacebookのHelixのユーザーグループも、100人を超えたあたりからメンバーの皆さんの投稿のバリエーションが…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第4回

『Helixの出力~ライン接続』 お陰さまで、私がFacebook上で主宰しているHelixのユーザーグループも着々とメンバーが増え、アクティブになってきています。Helixにご興味ある方ならど…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第3回

『アンプ・モデリングの進化』 Facebook上でスタートしたHelixのユーザーグループも着々とメンバーが増え、情報交換の場として機能し始めています。Helixにご興味ある方ならどなたでも大歓…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第2回

『スナップショット』 このたびFacebook上でHelixユーザー・グループをスタートしました。ご参加条件は特になく、ユーザーではなくてもHelixに関心のある方であればどなたでも大歓…
» 詳しく読む

阿部学のHelixトーク 第1回

『v2.10アップデートで強化されたBypassアサインについて』 Helixが発売されてから1年ちょっと。 幾度かのバージョンアップがされ、早くもバージョン2.10になりました。 …
» 詳しく読む

シャムキャッツ Helix導入レポート
~ライブ・ステージ編~

“普通のペダルと違って、Helixは心強い アシスタントがひとり増えたみたい” 去る6月19日に、シャムキャッツ主宰のライブツアー”EASY TOUR”の最終公演が恵比寿リキッドルームで開催さ…
» 詳しく読む

シャムキャッツ Helix導入レポート
~レコーディング編~

2016年5月、シャムキャッツがスタジオで新作をレコーディングに入り、ギターの菅原慎一さんは、新曲「マイガール」、「真冬のサーフライダー」でHelixを使用。その活用方法についてコメントをいただきまし…
» 詳しく読む

FRFRとは、そしてそのススメ

今、世界はなんでもスピード化の時代ですが、人々は更にスピードアップする方法を常に考えているように思えます。タッチするだけで支払いができる電子マネーのシステムからドライ・シャンプーまで、世界全体が躍起に…
» 詳しく読む

ケーブルに“メソッド”が必要な理由

2016.05.24
ギターの技術的な側面にはあまり関心がなくとも、セットアップにほんの少し”現代風”の技術を追加するだけで得られるサウンド面のメリットが存在するのは事実です。それにより新しい可能性への扉が開かれます。自分…
» 詳しく読む

IRって一体何?

2016.03.01
音楽業界は、新しいものだけに限らず、次々に技術を表す新しい専門用語や頭字語を創り出すのが大好きですが、それらのフレーズ全てに常に精通しておくのは容易い事ではないでしょう。ギタリスト達がようやく“DAW…
» 詳しく読む

リアンプとは、そしてそのススメ

2016.01.25
プロ向けのスタジオで働いているのか、それとも単に友達や家族のために音楽を制作をしているだけなのかに関わらず、ギターをレコーディングしたことがある方なら、最終ミックスを聞いたときに細かい部分を調整したい…
» 詳しく読む

ギタリストの常識を覆したハンズフリー・エディット

2016.01.15
近代的な世の中には、プロダクト・デザイナーが手掛けた製品で溢れており、生活する上で欠かせない存在です。何気なく座っている椅子や、日々開け閉めしているドア、毎日のように生活の中で何かしら押しているボタン…
» 詳しく読む

Wet Dry Wet

2016.01.15
ギターのエフェクトをどのようにセットアップするかで、システム全体のサウンドが左右されることは言うまでもありません。ディレイをアンプの前にすると、アンプの後にするのに比べサチュレーションが強くかかり、よ…
» 詳しく読む

パンダにバケツを

2016.01.13
学生であれば、新たな専門分野を学ぶ際には、いくつか従うべき基本的なルールがあることに気が付きます。それらは、各分野で長年反復されてきたベストプラクティス(最善の手法)が、単に磨かれたものであることがほ…
» 詳しく読む

“Throbber(スロバー)”

2016.01.11
昔ながらのエフェクトペダルのデザインは、作りがとてもシンプルで他と共通するコンポーネント数も少ないものも中にはありますが、多くは興味深い回路を採用しています。これらペダルのいくつかは、特徴あるサウンド…
» 詳しく読む

Transtronic - トランジスタ/ダイオードの特性の再現を可能にする技術

2016.01.08
ギタリストというのは「歪み」が大好きな生き物です。デジタルギター製品が世の中に登場する以前は、歪みを得るための機材には必ずダイオード及び/またはトランジスタが用いられていました。回路基板を見るとこれら…
» 詳しく読む

Helixのハイブリッド・キャビネット

2015.09.15
どんなデジタル機器においても、実行するのにとてつもない処理能力が必要だったり、とても効率的とは呼べない機能がいくつかあるものです。毎日使うもの、例えばパソコンやスマートフォンでEメールを書くことは、素…
» 詳しく読む

Variax サウンド再現の技術と魔法

2015.09.14
Variax®の技術は誤解されがちです。他の楽器のサウンドをとても忠実に再現している理由の一つは、VariaxがMIDIギターではないという事実にあります。MIDIギターは、特別な16進数のピックアッ…
» 詳しく読む

AMPLIFiオリジナルトーン#6: スピッツ「ロビンソン」風セッティング

2014.11.04
このコラムでは数回に渡ってAMPLIFiのオリジナル・サウンドセッティングを紹介してきました。今回は大ヒットしたスピッツのシングル曲「ロビンソン」風のセッティングにトライしてみましょう。 スピッ…
» 詳しく読む
icon-arrow-up