Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

NEWS

Helix Editor v2.00 リリースノーツ

Helix Editor v2.00は新しいモデル、機能、修正、安定性の向上や最適化を含むファームウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

入手するには、ダウンロードページから以下の手順でお進みください。

• ドロップダウン・リストから「Helix」または「Helix Rack」を選択
• リリースノーツの内容を確認の上、「GET DOWNLOAD」ボタンを押す

重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://jp.line6.com/software/
ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。

4.Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

7.Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

<新しい機能>

●スナップショット
アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
大きなプリセットネームの下にあるグレーのボックスをクリックして目的のスナップショットをリストから選択します。

●スナップショットのコピー/ペースト
コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

●スナップショットのコピー/ペースト
コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

●スナップショットの名前の変更
カメラのアイコンを選択して”Rename”を選択します。
ショートカット:スナップショットの名前をクリックして長押し

●テンポ設定
Tempoボックス(TAPの左側)をクリックしてPer Snapshot、Per Preset (初期設定)、 Globalのいずれかを選択

●Variaxパラメータのコントローラー・アサイン
Controllers (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

Helix v2.01.0 ファームウェア/エディター リリースノーツ (2016.7.22 更新)

« 記事一覧に戻る
icon-arrow-up