Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

Helix

阿部学のHelixトーク 第23回

『Helix ファームウェアv2.30』

先日公開されたファームウェアv2.30。
皆さんはもうバージョンアップしましたか?
僕も早速バージョンアップしてみました。
この定期的にあるファームウェアのバージョンアップは凄く楽しみですよね。
Line 6の製品は「発売して終わり」ではなく、どんどん中身が充実していくのが嬉しいです。
しかも無償で!

今回のバージョンアップで、新しいアンプ・モデルが7種類、新しいエフェクト・モデルが7種類追加されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
Helix ファームウェア v2.30 リリースノート
今回はその中からいくつか紹介したいと思います。

これまでは、バージョンアップするとGlobal Setting内のEXP Pedalのセッティング等が初期化されてしまいましたが、今回のファームウェア・アップデートと同時にリリースされた新しいエディター「HX Edit」では、Global Settingsの設定も含めてバックアップ/リストアできるようになりました。但し、このHX Editを使用するには本体がv2.20以上になっている必要があるので、それ以外の方は、従来通りまずGlobal Settingの設定を調整しましょう。

さて、今回追加されたモデルで僕が一番期待していたのが「Kinky Boost (Mono, Stereo) Xotic® EP Boosterがベース」です。
この実機をペダルボードに入れているギタリスト、多いですよね。
さらに最近は、Helixのようなプロセッサーの前に繋ぐ人も多く見受けられます。
この場合「常時ON」というのが定番になっており、この使い方に関しては僕も以前から気になっていたんです。
なので、今回このモデルが追加になって凄く期待していました。

早速メインのディストーション用プリセット内で試してみましたが、凄く良い感じです。
よく歪ませたアンプの前に、ブースターやオーバードライブを置く方も多いと思います。
実際、自分もHelixを手に入れた最初の頃は置いていました。
しかしあの独特なコンプレッション感と、飽和して低音が無くなる感じというか…あの感じがあまり馴染めなくて今はONにしなくなりました。
要はアンプのみのタイトな歪みが好きなんですね。
しかし、今回のKinky Boostは凄くナチュラルなんです。
全帯域をポンッと綺麗に持ち上げてくれるんですね。
これは今後ディストーション用プリセット時にONにする事が増えそうです。

abe23-1

途中でKinky BoostがONになります。

次にご紹介するのは「Double Take (Mono, Stereo)」という、Line 6 オリジナルのダブラーです。
これが面白くて、簡単にいうとモノラルをステレオ・イメージに変換してくれるエフェクトなんです。
ダブリングという手法ですが、アラン・ホールズワースなんかは超ショートディレイを使い、揺れのないステレオサウンドを作り出していますよね。
今回追加になったダブラーもフェイズ感と揺れの少ない、自然なステレオ感を演出してくれます。

abe23-2

Double Takeのセッティングはデフォルト

最後にご紹介するのは「Cosmos Echo (Mono, Stereo)』という、Roland RE-201 Space Echoがベースになったテープエコーです。

このスペーシーなエコー感。
もう説明はいらないと思います。これが追加になるのを待っていた方も多いのではないでしょうか。
特徴的な複雑なエコー感を見事に再現出来ていると思います。
デフォルトセッティングのままでも充分なくらいの再現度ですね!

という訳で最後のサウンドサンプルはクリーンサウンドにKinky Boost、Double Take、Cosmos Echoにかけてみました。
ちなみにDouble TakeとCosmos Echoはデフォルトセッティングです。

abe23-3

いかがだったでしょうか?
今回は追加になったエフェクト・モデルをいくつか抜粋してご紹介しましたが、まだまだ魅力的なモデルが多数あります。
そして冒頭でも少し触れた、新しいエディターである「HX Edit」も公開になりました。

アップデートでパワーアップされた機能を、是非とも体感して頂きたいと思います。

★阿部学主宰Helix ユーザーグループ(Facebook)への参加
https://www.facebook.com/groups/910662599034878/


Manabu Abe著者プロフィール: 阿部 学 (あべ まなぶ)
13才でギターを始め、バンド活動。
その後は六本木ピットイン等でのセッション活動や楽器メーカーのインストラクターを経て、女性ユニットZweiのサポートギタリスト、 ディズニーリゾートでのショー出演、セッション活動、ゲームミュージックのレコーディング活動等、精力的に活動。
最近ではLine 6のデモ演奏・セミナー、岩佐美咲(元AKB48)のサポートギタリスト、渡辺美奈代のアニバーサリーライブでのギター参加、他にギターレッスンにも力を入れている。

« 記事一覧に戻る
icon-arrow-up