Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

Helix

阿部学のHelixトーク 第13回

『同系統エフェクトを複数使用する その1』

今回のHelixトークは、次回と2回にわたって、エフェクトのユニークな使用方法の1つ『同系統エフェクトの複数がけ』について語ってみようと思います。

同系統エフェクトの複数がけとは、つまりコーラスを複数とか、ディレイを複数かけるという事で、これによって独特の効果を得ることができます。
まずこれをするには、使用するマルチエフェクト・プロセッサーがどれだけのパワーを持っているかが、大きく関わってきます。

また、プロセッサーの中には、各エフェクトカテゴリーから1つしか使用できないものもよくあります。
Line 6製品でも、POD HDシリーズが登場する以前のPODもそうでしたね。
ちなみに現行のPOD HD500Xは、最大8個までモジュールを置く事が可能で、同じカテゴリーのエフェクトを複数選択することもできます。

ではHelixはどうか。

Helixは高性能なDSPを2つ使用するパワフルな『デュアルDSP』仕様なので、たくさんのモジュールを置く事が可能になっています。(最大32個まで)

実際僕もエフェクトの深くかかったクリーンサウンドを作る時には、コーラスを4つ使用していたりします。

abe13-1

さあ、では同系統のエフェクトを使用するとどのような効果が得られるか試していきましょう。

今回はディレイに焦点を当てていこうと思います。

まずは飛び道具的な使用方法ではなく、正攻法的な方法です。
僕がステレオ時に使うのが、単純に左右に飛び交うディレイを2個直列で繋ぐパターンです。

ここでは「Simple Delay」を2つ使用します。

abe13-2

僕はScaleを75%にしてピンポン・ディレイのような使い方をするのですが、ここでは各ディレイタイムを変えます。
こうする事で、4Tap Delayのような効果が得られる訳ですが、何故わざわざ2つのディレイを使うかというと、Tap Delayとも異なる不規則なディレイ効果が得られるからです。

これが中々面白いのです。
僕はソロを弾く時にディレイを追加する形で、この使い方をします。

次は異なるディレイを2つ使う方法です。
ここではモノラル・ディレイとステレオ・ディレイを使用します。
こうする事で、センターとL/Rという3wayのディレイ・サウンドを作る事が出来ます。
アナログ系のディレイ「Transistor Tape」とデジタル系のディレイ「Dual Delay」を組み合わせても面白いと思います。

abe13-3

ここではリードサウンドよりも、クリーンサウンドのアルペジオのほうが雰囲気が出ますね。

いかかでしょうか?
結構現実的に使えますよね。

次はモジュレーション・ディレイとディレイの組み合わせ。

abe13-4

まず「Elephant Man」を置きます。
このモジュレーション・ディレイ特有のコーラス効果に、さらにステレオ・ディレイの「Ping Pong」を足します。
こうする事で広がり感がさらに増します。
U2のThe Edgeのような使い方ですね!

さあ最後は、よりスペーシーにいきましょう。
ステレオ・ディレイ「Simple Delay」を4つ直列に配置し、エフェクト音を元音より大きめに設定します。
フィードバックも長めに設定。

abe13-5

これでそのまま弾いてしまうと、とんでもない事になってしまいますよね(笑)
これをどう使うかというと…そうです!

ボリュームペダルを使った『ボリューム奏法』用のセッティングです。
ディレイを複数かける事によって音と音の隙間を埋め、連続的なサウンドにすると…

アラン・ホールズワースはまさにこんな使い方をして、あのスペーシーなサウンド&奏法を作り出していた訳です。

さあ、いかがだったでしょうか?

今回はディレイのみに焦点を当ててみました。
これにモジュレーション系のエフェクトやリバーブを追加すると、さらに広がり感のあるサウンドが得られるはずです。
これはHelixならではの強力なDSPパワーを活かした使用方法だと思います。

という訳で、次回はモジュレーション系エフェクトの複数使いについて語ってみようと思います。

★阿部学主宰Helix ユーザーグループ(Facebook)への参加
https://www.facebook.com/groups/910662599034878/


Manabu Abe著者プロフィール: 阿部 学 (あべ まなぶ)
13才でギターを始め、バンド活動。
その後は六本木ピットイン等でのセッション活動や楽器メーカーのインストラクターを経て、女性ユニットZweiのサポートギタリスト、 ディズニーリゾートでのショー出演、セッション活動、ゲームミュージックのレコーディング活動等、精力的に活動。
最近ではLine 6のデモ演奏・セミナー、岩佐美咲(元AKB48)のサポートギタリスト、渡辺美奈代のアニバーサリーライブでのギター参加、他にギターレッスンにも力を入れている。

« 記事一覧に戻る
icon-arrow-up